前へ
次へ

新規の営業求人に転職者は注目してみよう

営業求人にも、新規プロジェクトのために人材募集というケースもあります。
新しいものに取り組む、それは既存している社員も同じですから、新しく仲間入りする転職者にも魅力ではないでしょうか。
固定概念にとらわれていないのは言わずもがな、柔軟で斬新なアイデアを出すこともできるでしょう。
一つの課題や商談につき、早ければ数時間、長くても1ヶ月程度の取り組みで成否が分かる短期決戦の営業もありますが、一つのプロジェクトが短くても半年、長ければ数年にわたるのが新規プロジェクトの特徴です。
綿密な計画を立て、じっくり取り組む長期フォロー型であれば、営業マンの声を企画開発部に届け、そして改善した案をまた説明したり提供する、やりがいをしっかり感じることができるのは、一から携わるからでしょう。
営業求人にチャレンジ精神はあまり聞かれません。
商品がそこにあるから、後は戦略だけで売れる時代だからです。
では営業とは何なのか、会社のよさを消費者や法人へ、消費者の声を会社へ繋ぐパイプになります。
転職する理由が曖昧であるのは、やりがいが見出せていないからでしょう。
だったら、新しいプロジェクトで選んでみましょう。

Page Top